【NEW】HLS-882MT (15mm+25mm T型プローブ)
[プローブ(人体用)]

概要

超音波ガイド下の穿刺
神経ブロック注射、カテーテル挿入など、穿刺における医療事故を防ぐため、超音波ガイド下の施術が推奨されています。

「T型プローブ」 とは?
穿刺対象を直交2断面で同時に観察可能。(血管の短軸/長軸像を同時に観察できる)
T型プローブの画面構成
穿刺ガイド下でのプロセス

穿刺ガイド下でのプロセス

穿刺プロセスの流れ

臨床適用範囲
診療科対象・用途備考・関連用語
麻酔科 中心静脈穿刺 中心静脈カテーテル
血管ルート確保
カテーテル挿入、留置
循環器・血管外科 カテーテル検査・治療 血管ルート確保
血管造影(造影剤)
血栓除去
狭窄治療
ステント術
動脈穿刺
ペインクリニック科 神経ブロック 神経ブロック注射
整形外科 腱鞘炎治療 ステロイド注射
泌尿器科 人工透析 シャント術
シャント血管
体外循環
救命救急 人工心肺 カニュレーション
体外循環
大腿動脈
大腿静脈
小児科・新生児科 点滴 静脈穿刺画像例

画像例


 仕様

周波数:11.0/8.5/6.0MHz
幅(センサ部):15mm+25mm
オプションパーツ:HBG-882MT (穿刺用プローブガイド)


参考資料






T型プローブ用途別画像集
 
 

 





メディカル事業部  0532-41-2625
  • 本多電子の企業概念・方針
  • 採用情報
  • グループ会社:エコーテックのホームページを開きます